Skip to content

GI長野 日本酒

GI長野 日本酒について

GIとは「Geographical Indication」の略称で「地理的表示」のこと。産地ならではの特性が確立された商品だけが、その産地名を独占的に名乗ることができる制度です。

 

2021年6月30日に、日本酒の地理的表示(GI認証)の10例目として、「長野」が指定されました。

長野県には、2002(平成14)年から20年続く「長野県原産地呼称管理制度」という日本酒の原産地を保証する制度があります。長野県の日本酒は、この考え方を踏襲しながら「GI長野 日本酒」へと移行していきます。

認定品に表示される信頼のマーク

長野県内で収穫された一定の品質以上の米と、長野県内で採取された水を用い、精米から醸造、瓶詰まで全ての工程を県内で行うことを生産基準とするとともに、厳しい官能審査をクリアした日本酒には、GI長野認定シールが貼られています。長野県の日本酒をご購入の際には、ぜひ参考にしてください。

日本酒・ワイン共通 認定マーク
日本酒・ワイン共通
認定マーク
img_logo_sake
日本酒
認定マーク

 

GI長野 日本酒認定リスト

令和3年9月7日認定

第1回認定酒リストPDF

令和4年2月7日認定

第2回認定酒リストPDF

令和4年5月18日認定

第3回認定酒リストPDF

令和4年9月2日認定

第4回認定酒リストPDF

GI長野 日本酒認定基準

基準の対象

  • 長野県で収穫された玄米を、県内で精米したものを原料とし、長野県内で採取された水を使い、醸造から瓶詰、出荷までのすべての工程を長野県内で行なった清酒とする。なお米の品種は問わない。
  • 長野県で生産された米を100%使用すること
  • 長野県内で採水されていること
醸造地
  • 精米から、発酵、貯蔵、瓶詰、出荷までの一切が長野県内で行われていること。
書類審査
  • 申請書類を審査し、基準に合致した生産が行われていること
官能審査
  • 香り、味、バランス、総合の4項目について、別に定める官能審査に合格すること

認定部門

日本酒には以下の三つの部門があり、部門別に審査をしています

 

(1) 大吟醸酒・純米大吟醸酒の部門
(2) 吟醸酒・純米吟醸酒の部門
(3) その他の部門(純米酒、本醸造酒および、いわゆるレギュラー酒)

※レギュラー酒の原料、製法に関してはこちらをご参照ください。

※その他、日本酒委員会で認めた品種であること。 加工用米については、産地及び品種が特定できないので、対象外とする。

GI長野 日本酒について

GIとは「Geographical Indication」の略称で「地理的表示」のこと。産地ならではの特性が確立された商品だけが、その産地名を独占的に名乗ることができる制度です。

 

2021年6月30日に、日本酒の地理的表示(GI認証)の10例目として、「長野」が指定されました。

長野県には、2002(平成14)年から20年続く「長野県原産地呼称管理制度」という日本酒の原産地を保証する制度があります。長野県の日本酒は、この考え方を踏襲しながら「GI長野 日本酒」へと移行していきます。

認定品に表示される信頼のマーク

長野県内で収穫された一定の品質以上の米と、長野県内で採取された水を用い、精米から醸造、瓶詰まで全ての工程を県内で行うことを生産基準とするとともに、厳しい官能審査をクリアした日本酒には、GI長野認定シールが貼られています。長野県の日本酒をご購入の際には、ぜひ参考にしてください。

日本酒・ワイン共通 認定マーク
日本酒・ワイン共通
認定マーク
img_logo_sake
日本酒
認定マーク

 

GI長野 日本酒認定リスト

令和3年9月7日認定

第1回認定酒リストPDF

令和4年2月7日認定

第2回認定酒リストPDF

令和4年5月18日認定

第3回認定酒リストPDF

GI長野 日本酒認定基準

基準の対象

  • 長野県で収穫された玄米を、県内で精米したものを原料とし、長野県内で採取された水を使い、醸造から瓶詰、出荷までのすべての工程を長野県内で行なった清酒とする。なお米の品種は問わない。
  • 長野県で生産された米を100%使用すること
  • 長野県内で採水されていること
醸造地
  • 精米から、発酵、貯蔵、瓶詰、出荷までの一切が長野県内で行われていること。
書類審査
  • 申請書類を審査し、基準に合致した生産が行われていること
官能審査
  • 香り、味、バランス、総合の4項目について、別に定める官能審査に合格すること

認定部門

日本酒には以下の三つの部門があり、部門別に審査をしています

 

(1) 大吟醸酒・純米大吟醸酒の部門
(2) 吟醸酒・純米吟醸酒の部門
(3) その他の部門(純米酒、本醸造酒および、いわゆるレギュラー酒)

※レギュラー酒の原料、製法に関してはこちらをご参照ください。

※その他、日本酒委員会で認めた品種であること。 加工用米については、産地及び品種が特定できないので、対象外とする。